FC2ブログ
玉様を観続けて40年!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぼれ話 東京篇
来年の・・じゃなく、去年の話だから、は、ないでしょう

12月19日、PM3時頃東京に到着、

友人のNさん 広角20から望遠300までの (ん十万円の高価デジカメ持参、値段も値段だけど
その重さといったら、半端じゃない)
銀座から、築地本願寺界隈のでも撮りましょう

そんな目的が のため、 東京駅から で へ直行

の運ちゃん 「明日、歌舞伎座へですか、いいですね、わしも大好きです」

話せるやん 運ちゃん と、ご機嫌の私 玉さまのこと云ったら

「玉三郎・・ああ~そうですか、玉三郎もいいけど・・・

喋るは喋るは でも 運ちゃんが褒めてる役者の名前、次々と 私たちチンプンカンプン
博多から大阪新世界、浅草 どうやら旅廻り一座のチャンバラ芝居のフアンみたい。

「お客さん、ご存じないんですか、大阪でも活躍してますよ、有名ですよ

そんなん、知らんちゅうの  第一、あんた 玉さま知ってるんかいな 

とんだ空振りの、タクシー中 こぼれ話でした。

 13階から に煙る東銀座~築地界隈が眼下に

Nさん、やおらハーモニカを出して吹き始めました。

「ええっ 湯島の白梅 だね、玉さまの、お蔦・・」
(私での新年会などでは、荒城の月なんか吹いてくれたけど)

そして、私、一番から三番まで、歌詞覚えてるので、Nさんのハーモニカに合わせて
歌いました

「よく覚えてるねえ 凄い 」褒めて貰うと、単細胞の私、有頂天になって再び

翌朝、昨夜の雨は嘘のよう、空が徐々に僅かに白みかけてる風景

「Nさん、ホラ、絶好のシャッターチャンスよ、 が昇らないうちに」

飛び起きたNさん、腕に覚えあり 窓ごしに う~ん カメラの構え方が さすが

撮り終えて満足げな Nさん曰く 

「みよ吉さん、さすが、NHK写真教室に通っただけのことあるね、
 明けがたのあの被写体をシャッターチャンスだと思うなんて」

無駄に教室へは通ってなかったもん

 の20日、歌舞伎座で T子さんと合流。

夜の部 【七段目】終演、休憩を挟んで【討ち入り】開幕直後、私
終演後だと混むので、ロッカーに預けたコートを取りに 

地下で迷子になっちゃって、階段を上がったり、降りたり、
やっと3人分持って 1扉へ

案内嬢が扉を開けたら 突然、70歳前後のおばさんが飛びだして来て

「はるばる、玉三郎さん、観にきたのに、出てない云うから、もう帰ります  
 昔から、 玉三郎さんだけ観て来たんです なのに

案内嬢と私 異口同音に 「七段目に出てたでしょ、お軽で」

「そうですか、あれが玉三郎さんでしたか 」

思わず、案内嬢と私、顔を見合わせて  

七段目のお軽が玉さまだと気付かないなんて(昔からのフアン)が聞いて呆れるわい

変なおばあちゃん?が帰ってから

「私、旧・演舞場時代からの玉さまフアンなんです」

ホラ みよ吉の自慢のはじまり、はじまり

「ええっ 孝・玉コンビの桜姫も、ご覧になったんですか 羨ましい~」

彼女、まだ、若いのに話せるねえ、

とうとう、聞こえて来た「大詰・討ち入り」の幕チョン
彼女にお礼云って、花道横の通路をサ~ッと小走りに3列目まで

「ハイ、これコートですよ」 重かったなあ、初めて気がつきました。

それにしても、あのニコニコ 感じのいい歌舞伎座の案内嬢さん、お名前聞いとけばよかったなあ 

本日はこれまで チョ~ン

Comment

 秘密にする

何で?・・・・
そのおばさまは、何で玉三郎さんが分からなかったのでしょうか・・・・
もったいないですわ。^^
まるこ | URL | 2014/02/05/Wed 19:37[EDIT]
返信遅くなりました
まるこさん

4~5日、他の事で忙しく、全く、PC開けなかったので、すみません。

さあ、多分、六段目のお軽が七之助さんだったから、七段目も七之助だと
思ってみてたのかもe-455
第一、討ち入りに玉さま出るわけないのに・・それだけでも、「玉三郎」名前だけ
知ってて、一度は観なくちゃ・・そんなところでしょう。
みよ吉 | URL | 2014/02/10/Mon 14:29[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 玉さま模様今むかし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。