FC2ブログ
玉様を観続けて40年!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの年、あの日、4月25日の思い出
昨日書く筈でしたが・・1日遅れの、お誕生日おめでとうございます

私が、歌舞伎座で過ごした4月25日には、特別な思いがあります。

先ず、平成17年4月25日は 18代目中村勘三郎襲名興行の歌舞伎座千穐楽でした。

お馴染み東京の友人たち、3人が  で迎えてくれて いつもなら異口同音に

「先ず 玉三郎さんおめでとうございます」が、この日違ってたんです。

「みよ吉さんは堺だから大丈夫だったのね、でも大阪は大変ねえ 

「ええっ 何のこと 」 

この日、107人の犠牲者と560人以上の負傷者と云う列車事故最大の痛ましい、
あのJR福知山線脱線事故が起きて、まだ1時間も経ってなかったんです。

その頃の私は、多分 の車中 本を読んでたので、電光掲示板も見てなくて

そんな大事故とは知らなかったので、楽しい舞台を満喫出来ました。

昼は、仁左・玉コンビの、お富・与三郎 新勘三郎さんが鳶の役で花を添え
夜は 【襲名口上】 と、このゴールデントリオの 【籠釣瓶花街酔醒】


「勘九郎から勘三郎では、六つも減ったのね」 「同じ 『三郎』 だからいいじゃないか」
楽しい口上と、極め付き 籠釣瓶 

終演後、いつもの  で、玉さまオンリー話題に終始する筈が、痛ましい事故の大きさが分って
きて、話題の50%は私たち  

次はそれから遡ること 5年

平成12年4月25日 17代目勘三郎 13回忌追善興行 歌舞伎座 前楽日

昼は【雪月花】と【髪結新三】 夜は 【口上】と【鰯売恋曳網】
(玉さまの出演目のみ抜粋) いつものこっちゃ ですよね

仁左さんは、俊寛と弥太五郎源七だったので、玉さまとのコンビはなかったけど、
勘三郎さん いや、まだ勘九郎さんでしたが、何度見ても 【猿源氏と蛍火】は
 楽しくて、楽しくて

更に遡ること 2年

平成9年4月25日 松竹座杮落し興行 私は4月20日(日)通しを観賞
25日は2度目 夜の部のみ。


昼が 孝・玉コンビ【ぢいさん・ばあさん】 夜が 同じコンビで 【二人椀久】

特に 【二人椀久】 よかった 良かったガラッと雰囲気が変わる
早間の
リズミカルに踊る孝・玉コンビ 廓の華やかさ、明るさ 

昭和60年の初演以来、松竹座が3回目だったけど、もう好きで、好きで
その後も、歌舞伎座で、仁左・玉コンビで2回 4月じゃないけど踊ってくれたし・・

私が観た、4月25日の 玉さま思い出深い舞台を抜粋してみました。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 玉さま模様今むかし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。