FC2ブログ
玉様を観続けて40年!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在と過去の会話 その3
世話物では 【籠釣瓶・刺青奇偶・浮舟・与話情・沼津】  
時代物では 【金閣寺・九段目・加賀見山】 『助六』 は、歌舞伎狂言の時代物
舞踊では 【須磨の写絵・六歌仙】


仁左・玉・勘 トリオの舞台を思い出すまま、あげてみたけど、記録見たらもっとありそうですが。

勘弥 17回忌追善興行に、仁左さん(当時は孝夫)の『助六』で、
勘三郎さん(当時は勘九郎)が白酒売りだった。面白の、何のったら

「平成になってからだから、Mちゃんも観たよね」
「勿論。 仁左さんとは、孝・玉コンビ時代も、いっぱい観てるから

「丁度その頃だったと思うけど、『金閣寺』 団十郎さんが大膳・孝夫さんが久吉
勘九郎さんが直信。つまり大好きな4人揃って 

「時代物もう一つは『九段目』 戸無瀬とお石、そして本蔵 よかったねえ。
勘三郎さん亡き今、もう九段目は出来ないな、そう思ってたら、坂田藤十郎・魁春で
出たから?? 私の頭の中は、玉・勘しかなかったので ええっ そんなのありかあ

「与話情で、03年はこうもり安、05年は鳶金五郎。後者では与三郎と客席通るよね
観客大喜び 」
「そうそう、沼津も客席通るけど、重兵衛が平作に年齢聞いて『若く見えるねえ』
すぐ勘九郎さんのアドリブ 『あんたより若く見えるだろ』 に 観客爆笑   」

「お正月に【京鹿子娘道成寺】 出たでしょ」

「ああ~ Mちゃん 初日と楽と、毎週土・日 合計8回通った、それも一等席ばかりと云ってたよね」

「あの時、初日はお正月だからこの着物、次はこれ、その次は・・と、着物を選ぶのも
楽しみになっちゃって 」

「あの年の年賀状に『いよいよ道成寺ですね、楽しみで、楽しみで。みよ吉さんとも
お会い出来るし・・』 この年賀状手にした翌日、『花子さんに会って来ました 』って
メール 次の土曜、日曜 メールの 私、目が  ちゃったあ 」

さて、次は 【雲絶間姫】 現在と過去とを語り合いましたが、又、次回に。 
 



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 玉さま模様今むかし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。