FC2ブログ
玉様を観続けて40年!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算書 その2 思い出の筋書 
役柄のことに入る前に・・・・・遅ればせながら、芸術院賞・恩賜賞 受賞 おめでとうございます

実は、私、このニュース 凄く早く知ったと思うんです。というのは、偶然ですが
23日午前中、50日振りにブログ更新、午後高校野球を観戦中、夕方5時のNHKニュースで
芸術院賞・恩賜賞受賞者の写真が・・ええっ  玉さまが・・・うわ~お

99年2月 昼が小野小町と三千歳・夜が刺青奇偶のお仲 歌舞伎座公演の筋書の素顔の写真、この顔大好き。
TVに映ったのも、この写真に似てたというか、素敵 その後は、その筋書を読み直したり。

この公演の【六歌仙】は、勘九郎(勘三郎さん)の文屋・仁左さんの業平・富十郎さんの喜撰 
直侍と三千歳は、仁左・玉コンビ。【刺青奇偶】は、勘・玉・仁左トリオ

意外にも、仁左さん、直侍は初役だったんです。そう云えば、それまでは、二回とも海老・玉コンビで観たなあとか。
懐かしの思い出に耽って、ブログに恩賜賞受賞のニユース書くのを、すっかり忘れてしまったみよ吉でした。

そこで、あれこれ昔の筋書を引っ張り出して  

同じ99年12月、三代目猿之助さんと、団十郎さんが、初顔合わせなんて嘘のような本当の舞台。
夜の部 【大杯】 でした。 ま、それはともかくとして昼の 【釣女】ブログに書いたと思いますが、

団十郎さんの醜女・勘三郎さんの太郎冠者・玉さまの上﨟・猿之助さんの大名
玉さまメッチャメッチャ綺麗 勘三郎さんが、玉さまの美女に接近しようと
すると、醜女の団十郎さんに追いかけられて


猿之助さんの大名観て、これが仁左さんだったら、以前観た【金閣寺】以来の最高の配役なのに・・と
猿之助さんには申し訳ないけど、私が内心勝手に思ったことでした。

この時の【釣女】の4人の中で、現役はもう、玉さま一人なんて歳月は酷です

夜の部で、当時の勘三郎さんが【籠釣瓶】の次郎左 初役だったんです。
彼の弁 「私と次郎左とは性格が正反対、一度故郷へ戻るなんてしないで、その場で直ぐ斬っちゃう」
勘三郎さんらしい・・お気持ち、分る、分る

栄之丞は梅玉さん (仁左さんだったらなあ) その翌年、南座顔見世で私の願望 実現

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 玉さま模様今むかし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。