FC2ブログ
玉様を観続けて40年!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉さま決算書 その12
玉さま40代の世話物

【絵本合法がつじ】 皐月・うんざりお松    【ご贔屓繋馬】の 三日月おせん実は九重姫

【籠釣瓶花街酔醒】の 八ツ橋

南北もの二本と、三世河竹新七作  以上 三本です。

世話物は他にも、夕霧とか、野崎村のお染、仇吉、梅川、十六夜,、お紺等々ありますが、
再々演、当然私も再々再見なので・・・・

それにしても、八ツ橋が47歳が初演なんて ~~そりゃあ 聞こえませぬ伝兵衛さん
待たされて、待たされて、全くもう 大成駒屋 ケシカラン  玉さまフアン当時の心境でした。
その分 喜びも大きかったです

初演は幸四郎さんの次郎左 インテリッぽくて、朴訥田舎大尽には見えなかったような・・
栄之丞も梅玉さんでは、何か玉さまとはイマイチだし、そんな配役の不満はあったとしても、

【籠釣瓶・・】を観るのは、先に歌右衛門丈で二回観てるので、この時が三回目 
何てったって、玉さまの八ツ橋は日本一  この初演から、さよなら公演の2010年2月まで、
5回 感じとしては意外と回数が少ないなあ・・・。 

回数が多いからって、そんなんじゃない、中味が濃い  特に印象に残ってるのが

2000年の南座顔見世の千秋楽  玉・勘コンビ 凄かった  どの場面もすべて
世紀末の千秋楽だから、特別な思いがお二人にあったのでしょうか。


当時、七之助さんが云ってました 
「次郎左から段梯子の下を見て来い、と云われて下を覗いたときの、玉三郎のおじさんの顔が・・・」

下から見ていて、その、玉さまの八ツ橋 悲壮と云うのか・・凄かったそうで

観客には見えない所で・・・刺青奇偶の お仲もそうでした。勘三郎さんが仰ってましたね
観客には見えねえんだ、俺だけに何とも言えないいい顔してくれるんだ」

【絵本合法・・】は、孝夫さんが大学之助と立場の太平次の二役、両方とも極悪人
人殺しの連続、南北ものは、どろどろの殺しが見せ場と承知でしたが

【桜姫東文章】は孝・玉コンビの透明感・清潔感で濾過されての素晴らしさ
それに比べると 【絵本・・・ 】は、どうも、私の趣味に合わなかったです。

玉さまも、同じ悪婆さもので、お馴染みゆすり場も、お染の七役のお六は、可愛い~けど、お松は  
挙句の果て、亭主の太平次に絞殺されるし・・・

昼の部が やはり孝・玉コンビの 【女殺し油地獄】 何で、こんなもん 観に行ったんや






  

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 玉さま模様今むかし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。