FC2ブログ
玉様を観続けて40年!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【道成寺】 補足
【京鹿子娘道成寺】 そのパロデイ数ある中で、『男女道成寺』 『二人道成寺』 を少し

『男女・・』 初見は1978年12月 シャシャイン劇場 杮落し興行。菊五郎さんとのコンビ
菊五郎さん36歳、 現・菊之助さんと比較してもあの頃の菊五郎さんの方が綺麗でした。
(過去形でスミマセン

28歳の玉さま、華奢で、腰高で、なよなよして、凄くしなやかで、どっしりとした菊五郎さんとは
対照的。 楷書と行書、或いは草書 二人のテンポがあまり合わなかった感じ。

それから、シャンシャイン劇場は歌舞伎には向いてないと思いました。

再演は、1990年10月 歌舞伎座 孝・玉コンビ。


この時 夜の部のお芝居が 『十六夜清心』 の通し。ゆすり、たかりの清吉と、おさよ
いがぐり頭の孝夫さんと玉さま 最終幕の 『男女道成寺』 は、そのお口直し

綺麗綺麗でした。ただ、前半、孝夫さんの女形を観るのは 『時鳥殺し』 の悪婆 百合の方しか
観てなかった(八汐・岩藤はその頃未見) ので、先ず感じたのは デッカ 

実は、昼の部が三代目猿之助さんの 『金幣猿島郡』 4世鶴屋南北の絶筆だとか。

白拍子花子実は清姫の霊とか、狂言師実は??の霊とか、詳細は忘れましたが、
目まぐるしく変わる猿之助さん得意の舞台。猿之助フアンの友人が(おもだか会)でゲットした
チケットが、最前列のど真ん中だったから、孝夫さんの女形姿がでかいの、何の

因みに、この『金幣・・・』の大切りで 猿之助さんの 『双面道成寺』 初めて観ました

奴道成寺と法界坊の双面のバロデイみたいで、凄く面白くて、男と女を踊り分ける
技術が猿之助さんに備わっており、芝居よりも、この方が印象に残ってます。

『二人道成寺』 04年の初演から、13年の現・歌舞伎座の杮落しまで 
僅か9年間で5回も上演してますね

私が観たのは、歌舞伎座・松竹座・現歌舞伎座の3回。
その内、松竹座は海老蔵さんも参加したからか、押し戻しまでついて

玉さまは ~恋の手習い~~のあと、隈取りまで出なくて、まるで
『菊之助の娘道成寺』を観に来たみたいで、すご~く不満

海老蔵さんの『連獅子』は、めっちゃめっちゃ早い毛ぶり 尾上右近クンが
付いていけないのかリズムが合わず、回数も多けりゃいいってもんじゃないでしょうが  

不平不満だらけの松竹座でした。 玉さまの出番 何分?? 18000円は高いぞ

でも、歌舞伎座の杮落しは、私、奇数日だったので、~ただ頼め・・の娘手踊りが
玉さまだったので  松竹座の不満は帳消しにしました。 

何だこれ、ミーハー振り発揮の話題ばっかりに終始してしまいました。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 玉さま模様今むかし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。