FC2ブログ
玉様を観続けて40年!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有難うございました
06年11月末から丁度10年 長い間、拙ブログを読んで下さり、有難うございました。
本日をもって閉じさせて頂きます。


皮肉にも正直、このブログ開設するまで(2005年)が、私にとって最高の舞台の数々を
脳裏に刻まれてました。

12月の舞台を例えるなら 【二人椀久】は 2002年3月の、仁左・玉コンビ 椀久なら
この二人でしょ! 1985年このコンビで初演のとき、新しい振付をしたと。

明治以降、名コンビと云われたのは、15代目羽左衛門と6世梅幸、そして孝・玉~仁左・玉。
だから、私はあの時点で時計が停まってます。

【京鹿子娘道成寺】は勿論、2003年1月の、あの舞台。何度も繰り返したので省略しますが・・

【お染の七役】のあの、土手のお六 千穐楽 『やまとや』の傘が10本 くるくる廻って
「本日はこれまで!」 あの玉さまの声が 


それは十数年の歳月を経た 昔ではないのです。私にとっては、昨日のいえ、今日の
いえ、今のまま生きてます。


大晦日と云えば カントダウンセレモニーで、横浜港に打ち上げられた花火
ドッカン!! 瞬間 

「皆様、あけましておめでとうございます」 オレンジの裃姿の玉さま

100年に一度しかめぐって来ない世紀末から世紀初へ 
100年に一人出るかどうかの稀代の女形、坂東玉三郎


すべてが二度と再び、観ることの出来ない舞台ばかりですだから価値が高いのです

幸せいっぱい、今も私の中で時計が停まってます。

又、新しい明日へ向かって進むために、『玉さま模様・・・』は、区切りのいいところで
閉じさせていただきます。長い間、有難うございました

皆様 良い新年をお迎え下さいませ。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 玉さま模様今むかし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。